ホーム > NEWS > リアルに抜け毛が発症してきたんです

リアルに抜け毛が発症してきたんです

リアルに抜け毛が発症してきたんです。まだまだ先のことだと思っていたのにいよいよ問題解決を先送りに出来なくなってきました。私は10代の学生時代から友達などに「髪の毛が薄くない」とからかわれてきました。思春期の頃の私は平静を装ってはいましたが、内心では気にしまくりで、いつも分け目や特に薄いところが見えていないか気にばかりしていました。

幸いオデコの後退はそれほどでもなくて、M字はげにはまだなっていなかったのですが、とにかく全体が薄いことが思春期の私にはストレスでした。それがまた髪の毛の正常なサイクルを乱し、抜け毛が多くなり薄毛スパイラルから抜けることが出来なかったのかもしれません。20代後半になると髪を伸ばすことはあきらめ、薄毛が目立たないようヘアースタイルを坊主にしました。

頭の形がもともと良かったのか、意外と似合う坊主にすぐに慣れていき、40代になった今でも坊主で過ごしていたのですが、最近になりオデコの後退も目立ってきたと思っていた矢先、いつも髪の毛を切ってくれる妻からも「いよいよM字はげになってきたね。」と指でMのラインをなぞってきたのです。そうなんです。妻の目にはM字はげがリアルに発症してきた様子が見て摂れたようです。

少し落ち込みながらも本気でM字はげ脱却を決意し、最近になり頻繁に目にするAGA治療法について調べると、病院で薬を処方されることが判明。早速、近所の病院でプロペシアを購入、服用してみました。約2年使用しましたが正直いうと、現状維持が精一杯という感じです。またプロペシアは7000円以上するので経済負担が厳しく、今後も継続を出来るだけの自信がありません。

そこで同じような効果でもっと安いものはないかと探していたところ、インドの製薬会社が出しているフィンペシアという薬が有効成分はプロペシアと同じで価格が4分の1程度であることが分かりました。現在はフィンペシアが気になっていますが、完全なジェネリックというわけではないようで日本では認められていないようなので購入使用にはいまだに踏み切れないでいます。プロペシアがもっと安くなれば言うことないのですが。プロペシアが安くなることを願って、今後もM字はげの育毛に励みたいと思います。

https://www.maddaloneglobal.com/


関連記事

  1. リアルに抜け毛が発症してきたんです

    リアルに抜け毛が発症してきたんです。まだまだ先のことだと思っていたのにいよいよ問...

  2. ポジションを諦める

    実際にノートパソコンのディスプレイの前に座って、つねに動いている為替レートをご覧...